評判とは?

評判については、色々なメディアでも話題になっています。abc13 EYEWITNESS NEWSでも取り上げられており、この中である男性の患者はまつげが伸びすぎて、めがねに当たるようになってしまったというような例まで取り上げています。さらにある女性の患者は頭髪が薄くなっていたので、ルミガンがまつげに効くのなら頭にも付けて見たらどうかと思い、そのようにしてみたところ、頭髪も伸びてきたという事例も挙げています。それでこのルミガンが部分的にのみ作用するという点に注目し、既存の育毛剤よりも効果があるのではないかとも評価されている様子を伝えています。
さらにルミガンの発売元であるアラガン社(Allergan)も独自の調査を行なっていますが、その中で278人の患者を対象に4ヶ月間にわたって追加試験を行い、最終的に分かったところによりますと、被験者の78%に効果が確認されたということで、効果性についてもかなりの根拠があるといわれています。ちなみに効果に関してはまつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップだと言われておりその効果性が認められています。
肌への刺激・色素の沈着・ムダ毛の発毛なども副作用で認められていますが、これらは用量をしっかり守ればある程度防げるとあり、そこまで問題視されてないのが事実です。
これらのルミガンの評判やその効果性は、ほかにも色々なメディアで取り上げられており、オレンジカウンティビジネスジャーナルではまつげの育毛剤ラティース(Latisse)を脱毛症に用いた第2相臨床試験に着手したことも紹介しており、この点も話題になっています。ちなみにラティースは2008年に承認され、アラガン社の2010年の売上高49億ドルのうち8,200万ドルを占めたともいわれており、その売上結果からもその効果性を理解することができます。ちなみにこれは、「ラティス/ラティース/ラティッセ」(Latisse)という名前で売られていますが、商品の成分は全く同じで値段かなり高くなっています。