副作用の影響

まつげの育毛剤として有名になっていますが、ルミガンの副作用についても理解しておく必要があります。
主な副作用としては、結膜充血、目のそう痒感、眼瞼色素沈着などを挙げることができるでしょう。この眼瞼色素沈着について挙げているユーザーは少なくないようですが、同時に細かいブラシなどを使ってまつげの周りにルミガンがつかないようにすればある程度防げるという意見もあります。またお化粧する方でしたらファンデーションでうまく隠せるという方もいらっしゃるようです。
他のルミガンの副作用としましては、角膜びらん(目のゴロゴロ感・痛み、まぶしい、涙が出る)などを挙げることができるでしょう。また目の周りにルミガンが付着した場合にはそこからも毛が生えてきてしまいますので、その点も副作用として言えるかもしれません。いずれにせよ、以上の症状が出た場合には使用をやめて、すぐに医師の診療を受ける必要があります。
また使用する前に、以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方は担当医師と薬剤師に伝えたほうが良いとも言われています。他に気をつけたほうが良い方として挙げられるのが、無水晶体眼または眼内レンズ挿入眼である方、また眼内炎(虹彩炎、ぶどう膜炎)、ヘルペスウイルスが潜在している可能性がある方などが挙げられます。このような方はルミガンを使うことで症状が悪化してしまったり複雑化してしまう危険がありますので、特に注意が必要だと言われています。またおなじような点として妊娠または授乳中他に薬を使っている方も注意が必要です。これはルミガンが他の薬と反応して効き目が強くなったり、弱くなったりすることのないためです。
さらに使用方法についても注意が必要になってきます。使用方法によりますと、1回1滴を1日1回点眼することになっていますので、この点をしっかり守る必要があります。これは頻繁に点眼すると眼圧を下げる作用が弱まるためです。ですので1日点眼を忘れたからといって、翌日2回点眼するという危険を避ける必要があります。